頭皮のフケと食生活

頭皮のフケと食生活の関係

頭皮のフケにはいろいろな原因があります。例えば、洗浄力が強すぎるシャンプーを使っていると、肌表面の角質細胞がはがれてしまう事によって皮膚が乾燥し、フケが出やすくなってしまいますし、バリア機能が低下することによっても起こりやすくなります。また、皮膚疾患にかかっている可能性もありますから、気になる症状がなかなか収まらない場合や、ひどくなる場合には、いちど皮膚科で診察を受けてみることが大切です。

 

普段の食生活が原因で、フケなどのトラブルが起こりやすくなる場合もあります。食事の栄養バランスが崩れていたり、ストレスや疲れが蓄積していると、皮脂分泌が過剰になったり皮膚が乾燥しやすくなり、トラブルの原因となってしまいます。そうしたトラブルを予防したり症状を改善するためには、まず食生活を見直すことが大切で、皮膚や粘膜の環境を正常な状態へと近づける作用を持つビタミンBを積極的に摂るのがおすすめです。ビタミンBが多く含まれている栄養成分には、肉ならレバーや豚肉などがおすすめですし、牛乳などの乳製品も大きな効果が期待できます。

 

また、食物繊維を積極的に摂取することも、トラブルの原因となりやすい脂質や糖質を体外に排出する働きがあるので効果的です。食物繊維はキャベツやレタスなどの野菜に多く含まれていたり、レンコンやゴボウなどの根菜にも多く含まれているので、普段の食事の中で積極的に摂取すると良いでしょう。

 

どんな食品を食べればよいか覚えていられないという場合には、食事を少し工夫するだけでも大きなフケ改善効果が期待できます。それは、できるだけたくさんの種類の食材を食べるということです。食事の時に、食材の色合いをチェックしてみてください。茶色と白の2食しかないという食事はNGです。緑や赤、オレンジ、黄色、紫など一度の食事でいろいろな色の食材を食べるように心がけるだけで、皮膚環境を改善することができますから、トラブルを起こしにくい健康な頭皮へと近づけます。