頭皮のフケ

頭皮のフケの原因

フケとは頭皮や髪についている細かい白っぽい物体のことですが、自分自身でも気になりますし、他人には不潔と言うイメージを与えてしまいます。これは頭皮トラブルの一種で、様々な原因があります。ホルモンバランスが崩れていたり、皮脂の分泌が過剰になったり、慢性的な疲労やストレスが原因となったりして、体内環境が悪くなることでフケが出やすくなってしまう事は少なくありません。また、洗浄力が強すぎるシャンプーで洗髪していると、肌表面に必要な皮脂までも取りすぎてしまい、皮膚が乾燥して表面の角質細胞や垢などがフケとなってしまう事もあります。毎日洗髪していれば必ずトラブルが起きないというわけではないのです。

 

このトラブルを解消するには、オイリー肌タイプの症状なのか、乾燥肌タイプの症状なのかをしっかり見極めて適切なケアをする必要があります。まず、オイリー肌タイプの場合には、体の内側から皮脂が過剰に分泌されていることが原因なので、できるだけ吸着力が高いシャンプーを使って皮脂を毛穴の中に残さないように心がけることも必要ですし、分泌された皮脂が酸化したり、皮脂を食べる雑菌が増殖しないように抗酸化作用の高い食材を積極的に食べることによって症状を抑えることができます。

 

乾燥肌タイプの症状は、皮膚が乾燥してバリア機能が低下している可能性が高いので、シャンプーはできるだけ無添加や低刺激タイプのものを選び、トラブルが悪化しないように注意したり、保湿成分が入っているシャンプーを選んで皮膚の乾燥を改善してあげることも必要です。

 

皮膚にダメージを与えるパーマやカラーリングなども避けたほうが良いでしょう。特に、肌のバリア機能が低下している場合には、パーマやカラーリングをすることによって肌がトラブルを起こしやすくなり、フケだけでなく皮膚が赤く炎症を起こしたり、できものができたりすることも考えられます。頭皮環境を正常な状態に戻したうえで、パーマやカラーリングを楽しんだほうが安心です。

頭皮のフケが気になる人が知っておきたいシャンプーの成分と注意点

頭皮のフケが気になる人は、まずは普段使っているシャンプーを見直してみることから始めましょう。毎日の洗髪に使うシャンプーには、洗浄成分やその他配合されているものが異なり、それに伴って使用感や洗い上がりの感じなども異なります。フケが出るということは頭皮の水分と脂分のバランスが崩れているということなので、洗浄力が強すぎるシャンプーは避けたほうが良いでしょう。洗浄力が強いと、皮膚表面に必要な皮脂まで摂りすぎてしまい、角質細胞や垢などがフケとなって出やすくなってしまいます。

 

それでは、どんな風にシャンプーを選べばよいのでしょうか?最も簡単な選び方は、洗浄成分をチェックする方法です。もしも、石油系界面活性剤やアルコールが配合されている場合には、洗浄力が強くて皮脂を取りすぎる可能性が高いので、すでに頭皮トラブルを起こしている人は避けたほうが安心です。ボトルに記載されている成分でいうと、ラウレス硫酸アンモニウムやラウレス硫酸ナトリウムなどがあります。オイリー肌で肌がべたつく場合には、こうしたもので皮膚表面をスッキリ乾燥できますが、皮膚の乾燥が原因でフケっぽくなっている場合には、症状をさらに悪化させる原因となるので注意しましょう。

 

一方、アミノ酸系の洗浄成分で作られているものは、もともと体内に存在しているものや植物由来のものが使われていることが多く、トラブルを起こす可能性が低いのでおすすめです。ボトルには、メチルアラニンとかグルタミン酸、メチルタウリン、サルコシン、ココイルなどと記載されていることが多いようです。

 

薬用と記載されているものもおすすめです。薬用タイプのものは、低刺激や無添加タイプのものが多いだけでなく、気になるトラブルを改善して皮膚の環境を正常な状態へと近づけてくれる効果が期待できます。普段の洗髪タイムを利用して、トラブルを治療するというイメージで使用できるのが魅力です。こうした点に注意しながら洗髪商品を選ぶだけでなく、洗い方も工夫することによって、トラブルを起こしにくく、起こしてもさっと解消できる皮膚へと近づきます。