頭 皮脂 食生活

頭の皮脂を抑える食生活のポイント

頭にはたくさんの皮脂腺が通っているだけでなく、常に髪で覆われていて通気性が悪くなりやすく、べたつきやすい部位でもあります。シャンプーの仕方を工夫したり、スカルプケアやヘアケア用品を見直すことも、ベタツキを抑えるには効果的ですが、普段の食生活で、皮脂の分泌を抑える作用のある栄養成分を積極的に摂取したり、油っぽくなりやすい成分を控えることも必要です。

 

例えば、皮脂分泌をコントロールする働きを持つビタミンB2は、頭がべたつきやすい人なら積極的に摂取したい成分です。この成分は皮膚や粘膜の環境を改善する働きがあるとともに、ダメージを受けた細胞を修復してくれる作用も持っているので、普段の生活で積極的に食べていれば、トラブルを起こしにくい皮膚へと近づけます。ビタミンB2が多く含まれている食べ物には、豚や牛のレバーや、味付け海苔、焼きのりなどがあります。一度に大量に食べるよりは、少量でも良いので頻繁に食べるようにしましょう。

 

抗酸化作用の高いビタミンCもおすすめです。皮膚の表面に分泌された皮脂は、雑菌の美味しいエサとなり、雑菌が増殖する際に放出するガスが、嫌なニオイの原因となります。抗酸化作用が高いビタミンCを取ることによって、ベタベタしにくく臭いにくい皮膚へと近づけます。この成分が多く含まれている食材には、トマトやピーマンなどの緑黄色野菜や、オレンジやレモンなどの柑橘系のフルーツなどがあります。水溶性で一度にたくさん食べても尿として排出されてしまう成分なので、少量を頻繁に食べることで効果が持続しやすくなります。

 

その他にも、ホルモンビタミンと呼ばれるビタミンEも皮脂の分泌量をコントロールする役割があります。ビタミンEは大豆に多く含まれている成分で、体内に入ると女性ホルモンとよく似た働きをしてくれるのが特徴なので、脂っぽい体質を改善する効果が期待できます。大豆以外にも、アーモンドなどのナッツ類、トウガラシ、アンコウ、たらこなどに多く含まれています。