頭皮 できもの 食生活

食生活で頭皮のできものは改善できるのか?

頭皮は他の部位と比べると、皮脂腺が多いために皮脂分泌が活発になりやすいというだけでなく、髪で覆われていて通気性が悪くなりやすいために、ニキビなどのできものができやすいという特徴があります。普段の食生活でどんな栄養成分を積極的に食べているのかによって、こうしたトラブルを起こしやすくなっていることもあれば、スッキリと改善することもできるので、頭皮のブツブツが気になる場合にはまずは食事内容を見直してみることが必要です。

 

頭皮にできものができるトラブルには、原因がいくつか考えられます。まず、皮脂分泌が活発なために毛穴が詰まってトラブルとなるオイリー肌タイプの場合と、洗浄力が強すぎるシャンプーなどで肌が乾燥することが原因の乾燥肌タイプの場合とがあります。オイリー肌タイプのトラブルが起きている場合には、できるだけ皮脂分泌を抑える作用のあるビタミンBやビタミンC、食物繊維を積極的に食べるように心がけたり、シャンプーは皮脂をしっかり吸着してくれる成分が入った物を使うことによって、少しずつ症状を改善できます。

 

一方、乾燥肌タイプの場合には、シャンプーに保湿成分が入っているものを選び、皮膚が乾燥しすぎないように心がけることも大切ですし、肌の環境を正常な状態へと近づける働きのあるビタミンCやビタミンEが多く含まれている食材を積極的に食べると良いでしょう。具体的には、緑黄色野菜やフルーツ、海藻などを意識した食生活がおすすめです。肉を食べるなら、できるだけ脂身は控えて赤身を選んだり、調理方法を工夫して、揚げ物よりも蒸したり炒めたりして、脂質を出来るだけ少なくする工夫が必要です。

 

また、できものがなかなかなおらない場合には、もしかしたら皮膚疾患の可能性がありますから、皮膚科を受診してみることもおすすめです。皮膚科では生活習慣や食生活に関してアドバイスをしてくれますし、皮膚疾患の場合には適切な治療を受けることができるので、迅速にトラブルを解消できます。